大阪航空局のご案内季節
 

大分空港

大分空港は、大分市から陸路約52km、海上約29km、別府市から陸路約37kmの瀬戸内海に突き出た国東半島東端の武蔵・安岐両町の地先水面を埋め立てて設置された、いわゆる海上空港で、昭和46年10月に開港しました。
国東半島は、平安の昔から独特の神仏習合の「六郷満山仏教文化」が栄えた地であり、仏像・磨崖仏・石仏等の石仏文化財に随所で巡り会える「仏の里」です。
また、空港周辺は、大分県の「県北国東テクノポリス計画」に基づくハイテク企業が多数進出しています。

概況写真

航空写真
駐車場+ターミナルビルターミナルビル写真

空港の沿革・概要

概    要
空 港 種 別  国管理空港
設置管理者  国土交通大臣
標   高  5.1m
面   積  148.2ha
滑 走 路  3,000m
運 用 時 間  15H
駐 車 台 数  約1,000台
  
沿     革
昭和32年  旧大分空港供用開始(滑走路1,080m)第2種空港指定
昭和46年  旧大分空港供用廃止
   新大分空港供用開始(滑走路2,000m)、ターミナルビル供用開始
昭和48年  大分空港へ名称変更
昭和57年  滑走路延長(2,500m)
昭和63年  滑走路延長(3,000m)
平成 3年  新旅客ターミナルビル供用開始
平成 4年  国際線ターミナルビル供用開始
平成 8年  新貨物ターミナル供用開始

乗降客数の推移






就航先空港

国内線国際線

※ 上記マークをクリックしていただくと、それぞれの就航先一覧が表示されます。

大分空港へのアクセス

バ  ス:各方面間で運行 JR大分駅から約60分
鉄  道:JR九州杵築(きつき)駅利用(大分空港まで路線バスで約40分)
マイカー:大分市から約55分 別府市から約40分

詳しくは大分空港ホームページまで。
http://www.oita-airport.jp/access/index.shtml →

利用促進のページ

http://ocab.mlit.go.jp/use/oita/

空港供用規程のページ

http://ocab.mlit.go.jp/news/kanri/kuukoukitei.html

空港周辺における建物等設置の制限のページ

http://ocab.mlit.go.jp/news/limit/pdf/08_07_08_11_ooita.pdf

お知らせ

 新着情報はありません。

出先機関


大分空港事務所組織図