大阪航空局のご案内季節
 

名古屋飛行場

名古屋飛行場は、JR名古屋駅から北北東約10kmに位置し、愛知県西春日井郡豊山町、小牧市、春日井市及び名古屋市にまたがる飛行場です。
平成17年2月の中部国際空港開港に合わせ、愛知県営名古屋飛行場となり、コミューター航空機や国際ビジネス・ジェット機などの小型航空機の拠点空港として運用されています。

関連ホームページ

名古屋空港ビルディングホームページへ →
(名古屋空港ビルディングホームページへ移動します。)

概況

空 港 種 別/その他の空港
設置管理者/愛知県
標   高/14m
面   積/168.7ha
滑 走 路/2,740m×45m
運 用 時 間/15時間
利 用 時 間/7:00~22:00

沿革

1944年(昭和19年) 2月

小牧飛行場完成(1500m)

1958年 (昭和33年) 9月

米軍より正式返還

1960年 (昭和35年) 4月

第2種空港指定「小牧飛行場」を「名古屋空港」に改称

1981年 (昭和56年) 3月

大山川改修工事完了

1985年 (昭和60年) 7月

新国内線旅客ターミナルビル供用開始

1999年 (平成11年) 4月

新国際線旅客ターミナルビル供用開始

2005年 (平成17年) 2月

愛知県営名古屋飛行場として開港

概況写真

航空写真平面

 

名古屋飛行場へのアクセス

名古屋駅から高速バス約20分

 

本局組織(豊山町駐在)

航空機検査官
〒480-0202 愛知県西春日井郡豊山町豊場県営名古屋飛行場管理庁舎内
TEL:0568(29)1986 FAX:0568(29)1990