大阪航空局のご案内季節
 

松山空港

松山空港は、松山市の中心部から西へ約6kmの沿岸部に位置しており、昭和35年10月第2種空港として供用開始しました。空港の西側は瀬戸内海に面し、また、東側は市の中心部の松山城天守閣、遠くは西日本最高峰石鎚山を展望することができ、瀬戸内海の温暖な気候と豊かな自然に恵まれています。

概況写真

松山空港平面
航空写真(進入方向)写真ターミナルビル写真

空港の沿革・概要

概    要
空 港 種 別  国管理空港
設置管理者  国土交通大臣
標   高  4.0m
面   積  134.9ha
滑 走 路  2,500m
運 用 時 間  14H
駐 車 台 数  約1,400台

  
沿     革
昭和18年  松山海軍基地完成
昭和27年  米軍より接収解除
昭和33年  第2種空港指定
昭和35年  供用開始(滑走路2,000m)
昭和47年  滑走路延長(2,000m)供用開始
昭和54年  空港ターミナルビル供用開始
平成 3年  滑走路延長(2,500m)、新ターミナルビル供用開始
平成 6年  国際線ターミナルビル供用開始